TOP > 建築条件付きの土地に一戸建てを建てると割安です

建築条件付きの土地に一戸建てを建てると割安です

住宅の建設に関して検討しているときには、建築条件付きの土地というものがあります。建築条件が付いている土地の場合には、一定の期間内において指定の建設業者が住宅を建てることが条件として付いているものを言います。

伊勢の新築一戸建てをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

土地を購入したときには土地の上にどのような住宅を建てるのかは、購入者の自由となることが前提ですが、建築条件が付いている土地を購入したときには建設できる家の制限が付いていることになります。



建設される住宅の内容がすでに決定しているもので、通常の建売住宅であれば住宅を建ててからの販売となりますが、建築条件が付いている土地の場合にはまずは土地の販売を行ってから住宅を建てる方式と解釈できます。



住宅が建てられる前に土地を購入するという点を考えれば、一般の建売住宅の一戸建てを比較すると自由度が高くなると考えられます。


自由度が上がる点のメリットを活かして、二世帯住宅にしたい意向や住宅の敷地内に仕事場を建設したいなどの特別な事情を盛り込むことも可能です。

一戸建ての住宅が建てられる前に購入するわけですから、資金を自由にかけることによって設備面のグレードを引き上げることも可能となります。

自由度が高い分、様々な設備を導入した際には、その分だけ費用が高くなることも考慮に入れておく必要があります。

逆に建築条件が付いていない土地の場合には、条件が付いている土地と比較すると割高の価格設定になっていると言えます。


条件が付いていないときには業者は、土地代のみで利益を出そうとするので価格が高くなる傾向があります。


土地の購入をしてから一戸建てを建てようと考えている人の場合には、建築条件付きの土地のほうが割安に手に入れることができるメリットがあります。